News&Topics

ビブリオバトル

投稿日2020/2/18

この記事は高校2年生が作成いたしました。

2月18日、ビブリオバトル全校大会が行われました。クラス予選を勝ち上がった生徒がそれぞれのお気に入りの本を情熱を持って紹介していました。全員が違った雰囲気の発表で、最初から最後まで楽しく聞くことができました。どの本の紹介も素晴らしく、歓声なども上がり大変盛り上がりました。チャンプ本に選ばれたのは中学2年生の紹介した「マリーアントワネットの日記」(吉川トリコ、新潮社、2018年)でした。投票は僅差で、どの本も読みたくなるような面白い発表でした。

前の記事現高校3年生の大学合格状況
次の記事JALマナー講座