校長メッセージ・建学の精神・沿革

校長メッセージ

聖和学院の校訓は「温順・勤勉・愛」
教師と生徒が聖書を中心に和をもって学び、国際社会で活躍できる子女の育成を教育理念としております。
また実績のある英語教育ではグローバルな活躍を希求し、さらなる英語力の向上につとめています。
世界中のどこにいても自己のアイデンティティをしっかりと確立し、礼儀正しく、心情豊かで、他者を思いやることのできる品格ある日本女性の育成を目指しております。

聖和学院 中学校・髙等学校
校長 佐々木富紀子

建学の精神

「将来の人物を輩出する、その種まき人になれるように」

1942年、当時唯一の女子高等教育機関であった日本女子大学を卒業した創立者の武藤 功は、25歳の若さで緑豊かな逗子の地に、聖和学院の前身である湘南女学塾を創設しました。女性に教育は必要ないといわれていた時代に「女性を人間として育てたい」「将来の人物を輩出する、その種まき人になりたい」という信念をもち、創立者は国際的に通用できる女性を育成することについてすでに熱い思いを抱いていました。また、当時より英語の必要性を認識し、さまざまな教育プログラムを積極的に取り入れてきました。
その熱意と向上心、そして「生徒一人ひとりを愛する」という精神は、70余年の時を超えてもなお、聖和学院にしっかりと息づいています。

建学の精神・教育の理念

建学の精神は、キリスト教精神に基づく「神は愛なり」です。
「多文化共生」の求められるグローバル社会において、自己と他者の幸せを願うことのできる聡明な女性の育成を目指しています。
教育の理念は、教師と生徒が聖書を中心に和をもって学び、国際社会で活躍することのできる女性を育成することです。礼拝・「聖書」の授業・宗教行事などを中心に、聖書を通した「心の教育」を実施しています。

校訓

校訓である「温順・勤勉・愛」は、「愛をもって人に尽くし、慎み深く温順で何ごとにも真摯に取り組む勤勉さをもった女性、そして礼儀正しく心情豊かな女性の育成」を意味しています。
生徒たちは学院生活を通して、「心をこめて考える」ことの大切さを学んでいきます。

聖和学院のあゆみ

1942
  • 創立者武藤功
1949
  • 学校名を聖和学院中学校・聖和学院髙等学校に改称
  • 聖和学院幼稚園設立
1968
  • 聖和学第二幼稚園開園(藤沢)
1987
  • 聖和学院髙等学校に英語科を設置
1988
  • 第1回ニュージーランド語学研修実施
1992
  • 聖和学院創立50周年記念式典を実施
1998
  • 第1回イリノイ大学新潟校語学研修実施
2001
  • 聖和学院髙等学校英語科に理系コースを設置
  • マルチメディアルーム設置
2002
  • 聖和学院創立60周年記念行事を実施
2005
  • 第一回イングリッシュキャンプ実施
2009
  • 校舎全面リニューアル
2012
  • 聖和学院第二幼稚園・70年館竣工
2018
  • マルチメディアルームリニューアル
2019
  • マルチメディアルーム環境強化
2020
  • オンラインプログラムを本格導入
  • Seiwa Women's Global Leadership Project 開始

湘南女学塾

Mainichi Daily News